マンション

2020/04/24

テナントリテンションの発想を!~長く住んでもらうための工夫 「自分らしく楽しめる賃貸~趣味を楽しむ家」~後篇

運動器具の設置で差別化 ロフト付き物件の空間 前編では土間スペースの活用についての紹介でした。 次はロフト付き物件についてです。ロフト自体は、天井と床の間を利用して作られたスペースで、ロフト付きの部屋の場合は、天井が高く実際の間取りよりも広く感じられます。収納や寝室としても使用できるロフト付き賃貸物件は根強い人気がありますが、エアコンの冷風が届き…

2020/04/17

テナントリテンションの発想を!~長く住んでもらうための工夫 「自分らしく楽しめる賃貸~趣味を楽しむ家」~前篇

趣味グッズも保管できる土間活用 賃貸マンションの玄関は、北側に位置することが多く、暗くて狭い印象を与えてしまいます。それに加えて、北側の部屋は、納戸やサービスルームと呼ばれる、建築基準法上、採光が足りていない行灯部屋が多く、入居希望者が内覧する際にあまり良い印象を与えません。そんな間取りを劇的に変化させてくれるのが土間です。玄関とサービスルームとの境の…

2020/04/10

テナントリテンションの発想を!~長く住んでもらうための工夫 「自分らしく楽しめる賃貸~家全体を楽しむ家」~後篇

魅せる収納や棚スペース 家全体を楽しむという観点から、前回は「入居者が選べる内装材」について紹介しました。 今回おすすめするのは、魅せる収納や棚スペースを作ることです。 事例④のようなオープンの棚とクローゼットを作り、店舗のように美しく魅せるディスプレイをします。通常なら収納の中にしまわれているお気に入りの洋服や雑貨を、いつも眺めながら生活…

2020/04/03

テナントリテンションの発想を!~長く住んでもらうための工夫 「自分らしく楽しめる賃貸~家全体を楽しむ家」~前篇

入居者が選べる内装材 DIYの流行とともに以前より身近になり、賃貸物件でもすっかり定着してきた感がある、アクセントクロス。 カラフルな色や柄の壁紙を壁一面だけ張ったり、天井だけ変えたりして楽しむインテリアアイテムで、その組み合わせの種類は無限大。自分らしいインテリア作りに欠かせないアイテムと言ってもいいくらい、それぞれ個性的な仕上がりになります。…

2020/03/30

テナントリテンションの発想を!~長く住んでもらうための工夫 「DINKSからファミリー」~後篇

お気に入りポイント②壁に貼れる!描ける! 前編では部屋に住み続けてもらう「お気に入りポイント」として防音素材の活用についてお伝えしました。 今回は壁の活用。お子さんが成長して、幼稚園・保育園などに入るころになると、お知らせプリントが多くなり、家族のスケジュール管理もピークとなってきます。 そんな時、賃貸ですとプリントをピンナップしたいのに壁をキズつ…

2020/03/16

テナントリテンションの発想を!~長く住んでもらうための工夫 「変化に対応できる賃貸~単身者&二人暮らし」~後篇

ライティングレールや可動棚などで見せられるポイントを作る 前回はライフスタイルの変化に対応できる部屋作りのアイディアとして、可変性のある間仕切りのご紹介でした。 賃貸では広さに余裕がない場合が多く、効率性や機能性ばかりを考えがちですが、それでは楽しい生活とは言えません。若いシングルやDINKSがターゲットなら趣味や遊び心はお部屋の中でも大切にしたいも…

2020/03/06

テナントリテンションの発想を!~長く住んでもらうための工夫 「変化に対応できる賃貸~単身者&二人暮らし」~前篇

最近では都心部だけでなく地方でもインターネットの普及により、働き方や時間の使い方などの選択肢が広がっています。 例えば、シェアカーやシェアオフィスなど、生活に関わる様々なものは個人で所有するよりみんなで共有することで、「より便利に、より低コストに」という流れになり、住居もフレキシブルに変化することが求められています。 これからは賃貸物件でも同じこ…

2020/01/10

空室理由から考える!~デメリットを魅力に変えるポイント  「キッチンが幅1500mm未満の狭い部屋」~後篇

キッチンそのものでなくイメージを変える 前編ではデザイン性やシンプルさなどによって狭いキッチンの印象を良くするお話でした。 オーソドックスで無難なキッチンが設置されていることが多い賃貸物件ですが、こだわりたい人にとっては魅力も半減。コストをあまりかけず印象を変える方法としてキッチンそのものを変えるのではなく①扉の取っ手を交換する、②キッチン前とコ…

2019/12/27

空室理由から考える!~デメリットを魅力に変えるポイント  「キッチンが幅1500未満の狭い部屋」~前篇

賃貸物件を選ぶ際に重視するポイントは人によってさまざまです。家賃や最寄り駅からの距離・築年数を見て物件を絞り込み、最後の決め手が“設備や仕様”という人は多いようですね。 特に料理をする人にとって関心が高い設備はキッチン。言い変えれば妥協できないポイントでもあります。単身者向けの賃貸物件などに多く見られるのは間口1500mm未満のコンパクトなキッチンは、…

2019/12/23

空室理由から考える!~デメリットを魅力に変えるポイント  「不人気の1階住戸」~後篇

1階の住まいにおススメしたい家庭として、前回は「小さなお子様がいるご家庭」向けのアイディアのご紹介でした。今回はその続編です。 「シニア向けの住まい」 1階住戸ですと共用スペースの移動距離が少なく、エレベーターに乗る(待つ)必要がないので高齢者にとってはストレスの少ない環境でしょう。 せっかくの1階住戸なので特にバリアフリーに気を使いたいところ…

2019/12/02

空室理由から考える!~デメリットを魅力に変えるポイント  「セキュリティ-が弱い」~前編

近年、単身世帯や共働き世帯の増加により、賃貸人気ランキングの上位にはセキュリティが挙がります。しかし建物全体のセキュリテシステムを採用するには、大掛かりな設備投資が必要となり、構造的に後施工不可能な場合も多いものです。では、この安心安全システムに落とし穴はないのでしょうか?セキュリティの弱い物件は、空室をあきらめるしかないのでしょうか?その点について解説しま…

2019/11/22

空室理由から考える!~デメリットを魅力へ変えるポイント「洗面化粧台が独立していない」 ~後編

コンパクトなのに広く使える<洗面+トイレ> 前編では3点ユニットをオシャレに使いやすくする提案でした。 次に浴室は別ですが、洗面とトイレが同じ空間にあるという場合。 洗面とトイレを一緒にすることで、壁や建具の開閉スペースが減り、空間が広くなるのと同時にリフォームのコストも削減できます。特に、水廻りの使用が重なる率の低い単身者~DINKSにとって…

2019/11/12

空室理由から考える!~デメリットを魅力へ変えるポイント「駅徒歩10分以上」 ~後編 

『設備面での利便性を高める』 前編では自転車にスポットとあてたデメリットをメリットに変える例のご紹介でした。 「駅徒歩10分以上」の物件ですと、帰宅時間が遅くなることを心配される方も多いはず。 人目が多くない分、セキュリティはしっかりした物件であってほしいものです。 そのような場合、やはり安心なのがオートロック設備です。 集合玄関機から…

2019/10/18

空室理由から考える!~デメリットを魅力へ変えるポイント北側、日当たりの悪い暗い部屋」 ~前編

物件を決める際のチェックポイントの一つに「日当たりの良さ」「南向き」等が挙げられることが多いのはなぜでしょうか。 日当たりの良い部屋は「明るい、暖かい」だけでなく心理的に明るく、前向きな気持ちになるなどの良さがあります。 逆に「暗い部屋」というのは日当たりの悪さから室内に湿気がこもり、冬は寒くて結露が出るなど気分も暗くなりがちです。 今回はそん…

2019/10/11

空室理由から考える!~デメリットを魅力へ変えるポイント「形の悪い間取り」 ~後編

前編では物件をよく見せる仕掛けについてのお話でした。 後編でも部屋の魅力をアップする方法をご紹介します。 まずはカーテン。 部屋の大きな部分を占めるセンスの良いカーテンを使えば、部屋のグレードは一気に上げることができます。 カーテンは引っ越し前の部屋と窓の大きさが違えば使いまわしはきかないのに、できれば引っ越し当日から欲しいもの。その…