IC21のブログ

2022/01/13

ミニスタジオの“唯一無二”デザイン事例①

こんにちは! 100人の女性インテリアコーディネーターIC21です。

今回から3回に分けて、昨年秋に納めた、ちょっと変わった案件のデザイン事例を報告します!

 

プロのカメラマンでいらっしゃるクライアントから「You Tubeなど動画撮影用ミニスタジオを

開業するための空間デザインをしてほしい」との依頼がありました。

初回ヒヤリングで、お客様のご要望は…

とにかく唯一無二のデザインを! 対談スペースがほしい! 原色遣いは顔写りがよくなるので採用したい!

あとは、趣味のポーカーゲームをご友人と楽しめる空間にしたい!!…とのこと。

さらに打合せの中で、「完成度を高めるためには、家具やディスプレイだけでなく、内装も少し変えてみては?」

となり、賃貸物件とはいえ、退去時に原状復帰をすれば良いのでクロスを貼り替えよう!という話にまとまりました。

 

インパクト抜群の正面壁

 

 

現状、使える広さは 約25㎡。半地下のワンルームの一角で、元々住空間用ではなかったので窓はありません。

さらに、天井は木毛セメント材、梁や柱はコンクリート打ちっぱなしというお部屋なので、

倉庫風だったりインダストリアル系のインテリア向けなのですが、

そこは「最近流行りのモノトーンなどではなく、他で見たことのないものに」とのこと。

 

Before>殺風景な正面壁

 

「Colors MIX」というテーマで、撮影映えするビビッドカラーをMIXし、

トレンド要素としてアフリカンスタイル(シュール系アニマル&プランツ)を取り入れて

内装材、家具から小物まで遊び心満載な空間をご提案しました。

 

パース付提案書

 

次回は、完成写真をアップしますのでお楽しみに!

 

インテリアのご相談について、ぜひお気軽にお声かけください。