IC21のブログ

リビングを使いやすく~ダクトレール照明

IC21のKobayashiです。

11月も半ばを過ぎ、そろそろ年末の足音がしてきますね。

クリスマスにお正月、我が家は子供の誕生日も12月なので、

これから☆家族みんなで食事☆が増えてきます!

テーブルをくっつけたり、配置を変えたり、

工夫してテーブルセッティングをしますが、

そんな時、「照明がこの位置にもあったら」

「ここにずらせたら…」と思うときはありませんか?

そこで、今回はフレキシブルに活用できる

「ダクトレール照明」をご紹介。

「ダクトレール」とは、スポットライトやペンダントライトを取り付けるためのバー状の部品のこと。

「ライティングレール」とも呼ばれてます。

レールの内側全体に電流が流れるので、

レール上のどこにライトを設置しても照明が点灯します。

ダクトレール照明でフレキシブルに
「ダクトレール照明」でフレキシブルに

店舗などで使われるのが多かったのですが、

最近では部屋のおしゃれ感をUPするアイテムとして、

取り入れられるようになりました。

写真では、ダクトレールを利用して

キッチンの上はスポットライトを取り付けて

照明の位置に加えて方向もフレキシブルにしています。

ダイニングでは、テーブルの位置に合わせて

ペンダント照明の位置も変更できますね。

最近では工事不要で、賃貸物件でも取り付け可能な

ダクトレールもありますので、是非試してみてください!

照明はデザインも機能もとっても豊富で

価格も手ごろなものが沢山。

お好きなインテリアテイストに合わせた素敵な照明をご希望の時は

是非IC21にご相談ください!

2020/11/18 10:27 AM  カテゴリー: インテリア, シェアハウス, トータルコーディネート, リノベーション, リフォーム, 中古マンション・戸建て, 実例, 家具レイアウト, 空間演出, 賃貸住宅