IC21のブログ

2022/10/05

新生活洋式で変わる賃貸&デキるインテリア 外からのウイルスをなるべく玄関でシャットアウト

100人の女性インテリアコーディネーターIC21です。

 

新型コロナウイルスにより大きく環境が変わり、“新しい生活様式”を求めて人々の暮らしが変わりつつあります。

単なるウイルス対策だけでない、新しい暮らし方ができる住宅を提供していくために原状回復などのタイミングで手を加えられるポイントを紹介していきます。  

 

玄関の役割を見直そう

これまで賃貸の玄関は、機能が果たせていれば良い程度の扱いで、リビングや寝室に比べると、おざなりにされる印象が強いですが、昨今のコロナ禍では、外部からのウイルスを持ち込まない対策が取りやすいスペースとして見直されています。そこでこれまであまりクローズアップされることのなかった玄関を丁寧に見て行きましょう。

 

  帰宅後の動線に沿ってシミュレーションすると、まず玄関扉を開け、始めに触ることが多いのが照明のスイッチだと思いますが、できれば手洗い前の手では触りたくはないですよね。

そこでオススメしたいのが、人感センサー付ダウンライトです。荷物が多い日や雨降りの日、小さなお子さんと一緒の時など、センサーが反応してくれれば何かと便利です。 後付け可能な商品も色々出ていて、例えば人感センサー機能が付いている電球などもあります。

仕組みは電球の先端にセンサーがついていて、センサーの範囲内に入ると自動点灯し、動きがなくなると一定時間後に消灯するという優れもの。 これなら手軽に試せますし、省エネにも繋がり、内覧時には効果的な演出となるでしょう。

そして消毒液を置いたり、宅配の荷物が置けるようなちょっとした棚があるととても便利。物を室内に持ち込まなくてもよく、ゴミとして出すダンボールや梱包材などの仕分けもでき、一石二鳥です。

 

人感センサー付きダウンライト

くろ 事例①低めのベンチタイプの設置とスイッチなしの玄関

 

事例①はベンチタイプの低めのものですが、上下セパレートタイプの下足入れや、腰高くらいの収納など、ターゲット層に合わせて使い勝手の良い形を選んでみてください。

床材は塩ビ系の石目調などの柄入でも、抗菌機能付きのものをセレクト。デザイン性を損なうことなく、機能的な空間演出が可能ですので、ぜひアピールポイントにしてみてください。

  新型コロナウイルス感染症の予防対策として、もっとも推奨されているのが、外出後の手洗いうがいですが、室内に入る前にできると、ウィルスが入り込むリスクは圧倒的に少なくなり安心です。

トイレやお風呂など、水回りが玄関近辺にあれば、小さくても良いので手洗いスペースを設けると重宝されるでしょう。(事例②)    

感染予防

事例②玄関近くの手洗い

 

居室に入る前のスペース活用

 

玄関近くの日当たりの悪い部屋を思い切って土間にして、自転車やアウトドアグッズなど、趣味のメンテナンスに特化したスペースにしたり、SIC(シューズインクローク)にして、居室に持ち込まなくて良いスーツケース、クローゼットに入れるにはかさばる上着やコートなどを収納するのはいかがでしょう。

コロナ対策以外にも、花粉やホコリを室内に取り込まなくて済むので、アレルギー対策などにもなります。その他ベビーカーや三輪車、高齢者のキャリーカート置き場など、若者だけでなくあらゆる層に便利なスペースとなり、とくにファミリー世帯へのアピールには打って付けです。

事例③は、玄関土間の延長と、玄関を上がった小上がりスペースの延長のスペースの両側に収納棚とハンガーパイプを作った事例です。

 

土間スペース

事例➂シューズインクローク

 

土間側には靴やスーツケース、リサイクルする資源ゴミ、不燃ゴミなどの一時保管場所として、また小上がり側には、コート類、掃除機、洗剤やトイレットペーパーなどのストック置き場として、それぞれ用途に合わせた保管スペースとして活用しています。

床の高さが違うので、その高さに合わせた扉を造作し、ごちゃつきがちな収納を隠すことも可能。

大きさの合ったオープン棚と目隠しの扉を設置するだけで機能的ですっきりとした玄関をキープすることができ、人気物件になること間違いなしです。  

造作した扉

事例➂片側ずつ開閉できる扉

 

諦めないで!玄関の換気

 

予防対策として、もう一つ重要なのが換気です。居室や水廻りは、窓や換気扇での換気は日常的に行なわれていると思いますが、実は臭いがこもりやすく、空気が滞るのが玄関です。

虫や防犯の問題などで、なかなか玄関を開けて換気するのは難しいのが現状。 そこでオススメしたいアイテムを2つご紹介します。   まずは、どんなドアにも後付け可能なマグネット式簡易網戸です。(参考①)

簡易網戸

参考①LIXIL社製マグネット式簡易網戸

 

玄関の扉内側に付ける仕様です。足元のレールも高さ5mmなので、つまずく心配もなく、マグネットで隙間なく貼り付けられるので、蚊などの小さな虫もシャットアウトできます。

間口タイプやカラーバリエーションも豊富なので、デザイン的にも違和感なく設置可能。大きさやデザインの異なる賃貸の玄関扉には、お手軽でちょうど良い商品です。

防犯的にもっと安全性を求めるなら、網戸付採風ドアという方法もあります。(参考②)

 

網戸付きドア

参考②LIXIL社製 網戸付き採風ドア

 

ファミリー向けの物件などは、玄関に匂いがこもりやすいので、予め設置するか、大規模修繕などのタイミングで思い切ってドアを交換し、アピールポイントにすれば、子育て世代にも、人気の物件になります。

 

こんな時代だからこそ改めて玄関を見直し、目には見えにくい配慮あるサービスを心がけてみてはいかがでしょうか。  

 

 

IC21では

オーナー様のご要望を最大限に生かして、

予算にあった「差別化できる」リフォームを実現。

リフォーム・リノベーションについても是非お問い合わせください